高級タワーマンションに関するメリットとデメリット

難しいことばでいうと「表裏一体」や「二律背反」といいます。いい勉強になりましたね。

いろいろなマンションのメリットとデメリットを知ってライフスタイルに合った物件を選ぶ

マンション購入を考えている方はさまざまな選択肢の広さにマイホームにするべき物件を決め兼ねて頭を抱えているかもしれません。多くの方がまずは新築マンションにするか中古物件にするかで迷われることと思います。新築に中古、それぞれにメリットがありデメリットがあります。まず新築のメリットはその快適性です。新しいピカピカの室内に暮らすのはとても気持ちのいいものです。しかも新築マンションの多くは充実した生活便利設備を備えていて、それは一戸建てを凌ぐ勢いです。いつでも24時間ごみ捨てができるゴミ捨て場や留守中でも荷物を受け取ることができる宅配ボックスは集合住宅ならではの便利設備です。

その他にも選択物を干す時間を選ばない浴室乾燥、食後の片付け時間を短縮してゆっくりくつろぐことができる自動食器洗い機、不審な訪問者を一瞬で見分け、録画もできるTVモニター付きインターフォンなど、生活を快適にするのに欠かせない設備がついているのは新築マンションならではの利点です。また新築集合住宅の場合にはデベロッパーから直接購入するため、仲介手数料などの経費が節減でき、また住宅ローン控除を受ける際や住宅購入の資金援助を受ける際にも有利に働くことがあります。

一方、中古マンションにもメリットがあります。なんといってもその物件数の多さ選択肢の多さは新築物件をしのぎます。それに中古物件は同じ価格なら新築物件よりももっと駅近に、もっと広い室内空間の物件を購入することができます。設備よりもこうした環境や広さを重視する方は中古物件を選ぶ価値があると言えます。ただし、新築物件は購入価格自体が高い、中古物件はあまり古い物件では資産価値が下がる、購入時の税金的な優遇が受けられないというデメリットもあるので注意が必要です。さらにマンションの高層階に住むか低層に住むかという悩みもあります。高層階のメリットはなんといってもその眺望です。一戸建てではありえない贅沢な眺望はリラクゼーションをもたらして自慢の我が家に早く帰ってゆっくりしたいという気持ちになります。

高層マンションは設備も充実しているものも多く、親戚などが来た時に宿泊できるゲストルーム、友人などを呼んで眺望を楽しみながら集まることができるパーティールーム、それにプールやジム、ホテルのフロントのようにコンシェルジュが生活をサポートしてもらえる物件もあるのです。ラグジュアリーな生活を送るのであれば高層マンションに住むのがおすすめです。とはいえ低層階にも魅力があります。まずはエレベーターなどを使わずに出入りできるので外出が楽というメリットです。特に小さなお子さんがいるご家庭では忘れ物を取りに帰ったり寝てしまったお子さんを抱っこして帰らなければいけなかったり何かと出入りが楽な方が生活がスムーズに行きます。

また下の階への騒音を気にしないでいいというメリットもあります。毎日の生活の動作を制限して気をつけながら子供と暮らすのはかなりのストレスになってしまします。また一階で専用庭が付いている物件だと庭に出て遊ぶこともでき一戸建てのような開放感を得ることもできるのです。ところが高層階ではエレベーターが混み合って外出までに時間がかかることや地震の時に揺れを大きく感じてしまうなどのデメリットが、低層階では防犯上窓を開けて寝ることができない、日照に問題があることがあるなどのデメリットがあるのです。どんな物件でもメリットがあればデメリットがありますので重要なことは、自分と家族のライフスタイルをもう一度よく見直してどのようなマンションを選ぶのが一番幸せな暮らしができるのかを家族で考えることと言えるのです。